外為で投資を始めよう

外為で投資を始めよう

仮性包茎などでおちんちんの毛が挟まって痛くなることがある。

そんな時、まあ他の人はどうしているのかわかりませんが、

私は対策として毛を少し剃ったことがあります。

 

剃ったら当然、挟まる毛がないので、効果はありました。

 

でも伸びてくるとちくちくしてくるのです。しかも昔から言われているように

毛を剃ると太く濃くなるというのが気になったので、それからさらに

剃り続けることはしませんでした。

 

まあ挟まるのが時々だからいいのですが、これが常になって相当気になるんだったら

包茎治療包茎手術をした方がいいのかもしれません。

 

ただ、それが嫌で包茎治療とか包茎手術をしたいんですけど・・と言ったら

怒られるか馬鹿にされそうで、よー行きませんけどね。

 

現状は、そのまま放置しています。

なぜか以前よりも挟まらないようになったようなので、自然にいい状態に

なっているのかもしれません。

それか、一度包茎を切ったことがいい影響になっているのかも?

 

それにしても、こういうことって私だけなのかなあ。

選択する取引業者よって負うことになるリスクを、一般に「信用リスク」と言います。

 

これは、取引業者によるリスクの為、注意して取引会社を選ぶことで、避けることが出来ます。

 

一番大きなリスクとしては、取引業者の倒産により、証拠金(=投資金)が返還されない、または、取引が凍結の事態に陥ることと言えます。

 

取引業者が倒産する事により、業務がストップする為、売買が行うことが出来ずに凍結する場合があります。

 

また、証拠金の管理をしているのが、その取引業者の場合、預けてある証拠金が戻ってこないこともあります。

 

そのほかにも、各設定の水増し等によるリスク、いわゆる「悪徳業者」の手法によるリスクもあります。

 

例えば、手数料などの金額が、他社に比べて高い場合などです。

 

これは、ちゃんとした裏付け(様々な保証関係など)のもと金額が高く設定されている場合もあるので、金額が高いことだけで批判することは出来ません。

 

しかし、保証などの裏付けが無い状態で金額が不当に高い場合は、気をつける必要があります。

ここで取引業者の選択基準の一例をご紹介したいと思います。

 

1.公設取引所(くりっく365)への上場

 

公設取引所とは、FXにおいて、透明かつ公正な取引の場を提供することを目的として、開設されたものです。

 

この公設取引所に上場する為には、厳しい基準をクリアする必要があり、「信用できる取引業者」と言うことが出来ます。

 

また、上場企業で取引(=取引所取引)を行う場合、預ける証拠金は公設取引所が管理する為、その企業が倒産しても、証拠金が戻ってくるという利点もあります。

 

2.証拠金の管理方法

 

上記の取引所取引以外の取引(=相対取引)の場合、証拠金の管理は各企業が行うことになりますが、証拠金の管理方法には、「信託保全」と「金融口座への預託」の2種類があります。

 

信託管理を行っている企業で取引を行う場合は、その企業が倒産しても証拠金の回収は行えます。

 

しかし、金融口座への預託を行っている場合は、その企業の倒産により、一切回収出来ない場合もあります。

 

3.問い合わせに対する対応

 

問い合わせに対する対応が悪い場合は、その企業は社員教育を怠っていることになり、「信用できる企業」とは言えません。

 

ただし、対応が良い悪徳業者もいる為、留意する必要はあります。

「取引所取引」とは、公設市場を通して、取引をすることを言い、取引の相手は公設市場で、取引業者は、取引の仲介をする形態になります。

 

取引所取引の場合、"税金の優遇"、"資産の安全管理"、"損失の繰越控除"、“情報の透明性”などの利点があります。

 

FXでの収支にも所得税などの税金が関わってきます。

 

これらの税金に関しては、基本的に自分で確定申告を行う必要があります。

 

上場企業で取引を行うことで、申告分離課税の適用を受けられ、税率も一律20%(所得税15%、住民税5%)となります。

 

この税率は、FXでの利益がいくらであっても増えることはありません。

FXの取引の形態には、「取引所取引」と「相対取引(=非取引所取引)」の2種類があります。

 

まず、「公設市場(=取引所)」ですが、ここは、透明で公正な取引をおこなえる場を提供することを目的として、東京金融先物取引所が、FX(外国為替証拠金取引)の公設市場(取引所為替証拠金取引市場)を2005年に開設しました。

 

この公設市場を通した取引を行うには、その取引業者が公設市場に上場している必要があり、その上場企業を取引業者とした場合には、「取引所取引」の形態をとることになります。

 

もう一つの「相対取引(=非取引所取引)」とは、公設市場を通さずに、取引をすることを言います。つまり、取引は、直接取引業者と行う形態になります。

世界中には、様々な国が存在するのと同様に、通貨の種類の数多くあります。

 

FXは、貨幣同士の取引のなので、その取引の組み合わせも数多くあり、その組み合わせのことを「取引通貨ペア」と呼んでいます。

 

また、取引通貨は略号で表すことも多く、アルファベット3文字で表記されます。

 

通貨の略号は、“ISO 4217”で定められおり、一般的には、最初の2文字が国名、3文字目が通貨の呼称となり、日本円の場合では「JPY(JAPAN-YEN)」で表記されます。

 

取引通貨ペアの種類についてですが、各取引業者によって、取り扱う取引通貨ペアの種類は大きく異なります。

 

中には200種類もの取引通貨ペアを扱う業者から、少ないところではくりっく365≠フ7種類のような場合もあります。

 

その数多い取引通貨ペアの中で、日本において、最も取引が多いペアは「米ドル-日本円」の組み合わせです。

 

これは、日本にとって一番影響が強い国がアメリカであり、日常的に各メディアで報道される為、情報量が多く親しみやすいことが理由だと思われます。

当サイトについて

当サイトでは、FXや投資、外貨に関することについて以下の5項目を中心に紹介しています。

 

・貨幣同士の取引について

 

・FXの取引形態について

 

・税金の優遇について

 

・取引業者の選択基準について

 

・取引業者によるリスクについて

 

投資には正しい知識と、現在の自分の状況の把握の確認が重要です。

 

しっかり学んで、しっかりお金の管理をしませんか?


ホーム RSS購読 サイトマップ