取引業者によるリスクについて

取引業者によるリスクについて

選択する取引業者よって負うことになるリスクを、一般に「信用リスク」と言います。

 

これは、取引業者によるリスクの為、注意して取引会社を選ぶことで、避けることが出来ます。

 

一番大きなリスクとしては、取引業者の倒産により、証拠金(=投資金)が返還されない、または、取引が凍結の事態に陥ることと言えます。

 

取引業者が倒産する事により、業務がストップする為、売買が行うことが出来ずに凍結する場合があります。

 

また、証拠金の管理をしているのが、その取引業者の場合、預けてある証拠金が戻ってこないこともあります。

 

そのほかにも、各設定の水増し等によるリスク、いわゆる「悪徳業者」の手法によるリスクもあります。

 

例えば、手数料などの金額が、他社に比べて高い場合などです。

 

これは、ちゃんとした裏付け(様々な保証関係など)のもと金額が高く設定されている場合もあるので、金額が高いことだけで批判することは出来ません。

 

しかし、保証などの裏付けが無い状態で金額が不当に高い場合は、気をつける必要があります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ